カテゴリー: 未分類

4Cが大切なポイント

指輪プレゼントところで、インターネットのショッピングサイトで婚約指輪を選ぶ人も少ないとはおもいますが、注意することがありますので覚えておきましょう。ダイヤモンドの指輪を買ったつもりでも届いた商品にはGIAの鑑定書がついていないことも多々あります。ついていた書類は宝石鑑別書です。4Cとかダイヤモンドの写真はついていません。この鑑定書は、ダイヤモンドの発掘地域を特定することや、種類などを表記していますので、GIAのような品質を鑑定するものとは別の証明です。

だからといって、偽物ではありませんし、天然の石だという証明にもなるのです。ただ、宝石のカット方法まで記載されてはいませんので、やはり大切なものですのでダイヤモンドのグレートがしっかりと刻まれた鑑定書付きのものを選ぶ方がいいでしょう。

鑑定書に記載されている4Cについて説明しましょう。カラットと呼ばれている重さを現わすものは、0.1カラットや1カラットなどサイズがいくつも存在します。カラーは、ダイヤモンドの色を指しています。無色透明であればあるほど価値が高くなり、23段階まで細かく評価されます。カットは、ダイヤモンドの持つ形をバランスよく研磨することで増す輝きです。仕上がり具合など総合的に評価します。最後にクオリティです。宝石そのものの内包物の特徴をトータルで判断します。これら4つの頭文字にはCがついていることから4Cと言われているのです。

ダイヤモンドを購入する場合には、4Cを確認しながらGIAの鑑定書がついているものを選ぶようにすれば、きっと恋人もこのサプライズを喜んでくれることでしょう。


PICK UP〔婚約指輪〕
GIA USAの鑑定書付き婚約指輪を販売している「ガラおかちまち」です。

ダイヤの価値を鑑定する

婚約指輪を選ぶ際に一番重要なことは、宝石の鑑定書です。一般的な婚約指輪にはダイヤモンドがついているものを選ぶ人が多いものです。ダイヤモンドは宝石ですから、一つ一つの石の質により価格が決定するのです。その石の品質を証明する書類が鑑定書です。

指輪ダイヤモンドと書いてあるから本物なんだという決めつけはよくありません。もしかしたら、本物そっくりの偽物である可能性が高いからです。このダイヤモンドは本物で100万円しますから買いませんかと勧められた場合に、その言葉を信用して買い物をする人もいないとおもいます。その石が本物であることをちゃんと証明するものが鑑定書で、米国宝石学会が証明するものは信用度が高いとお墨付きです。

GIAと呼ばれている機関ですが、ダイヤモンドの4Cと呼ばれている品質評価基準を考案したことでも知られている国際教育機関です。今では、ダイヤモンドの取引に欠かすことのできない4C基準は世界中の宝石マーケットで扱われているのです。

ダイヤモンドを鑑定する際には、どこの地域で採掘されたものであるか、カットの仕方や研磨が人の手により施されたものか、あるいは人工的な研磨がされていて尚且つ、合成であったり模造品でないかどうかという厳しい審査基準があるのです。それらを細かくチェックして宝石としての価値を高めることがダイヤモンドの魅力と言えるでしょう。

婚約指輪をサプライズ

結婚が決まったら、婚約指輪を準備するのが一般的です。どのような婚約指輪を用意するべきなのか、男性にもわかりやすく紹介しましょう。

指輪はめる婚約指輪は、おもに男性から女性に向けて婚約の証として渡す贈りものです。昔であれば給料の三か月分ほどの価格の指輪を用意するものでした。
また、男性自身が宝石店で指輪を吟味して、プロポーズと共に手渡すことが多かったのですが、最近の傾向として、男女ふたりで宝石店を訪れて、女性の欲しいデザインを贈る方が多くなってきています。もちろん、女性としては一生の大切な贈り物ですから、自分好みのデザインが欲しいという気持ちも大きいとは思います。しかし、それではサプライズにはなりません。
プロポーズで指輪を手渡すことは一生の思い出になる瞬間ですから、できる限り特別なことを演出してあげましょう。本当は女性もそのサプライズを心待ちにしているはずです。

さて、婚約指輪を買うにあたっての注意点がいくつかありますので確認しておきましょう。まずは、女性がどのような好みかを把握することが大切です。有名ブランドの洋服やバックを普段から身に着けているのであれば、それに見合う宝石ブランドを選ぶといいですし、カジュアルな服装の多い彼女であれば、あまり仰々しいのは好まないでしょうから、宝石がついていても派手過ぎずに、シンプルなデザインを選ぶといいかもしれません。それに婚約指輪ですから、なるべく高価なものを選ぶといいでしょう。