婚約指輪をサプライズ

結婚が決まったら、婚約指輪を準備するのが一般的です。どのような婚約指輪を用意するべきなのか、男性にもわかりやすく紹介しましょう。

指輪はめる婚約指輪は、おもに男性から女性に向けて婚約の証として渡す贈りものです。昔であれば給料の三か月分ほどの価格の指輪を用意するものでした。
また、男性自身が宝石店で指輪を吟味して、プロポーズと共に手渡すことが多かったのですが、最近の傾向として、男女ふたりで宝石店を訪れて、女性の欲しいデザインを贈る方が多くなってきています。もちろん、女性としては一生の大切な贈り物ですから、自分好みのデザインが欲しいという気持ちも大きいとは思います。しかし、それではサプライズにはなりません。
プロポーズで指輪を手渡すことは一生の思い出になる瞬間ですから、できる限り特別なことを演出してあげましょう。本当は女性もそのサプライズを心待ちにしているはずです。

さて、婚約指輪を買うにあたっての注意点がいくつかありますので確認しておきましょう。まずは、女性がどのような好みかを把握することが大切です。有名ブランドの洋服やバックを普段から身に着けているのであれば、それに見合う宝石ブランドを選ぶといいですし、カジュアルな服装の多い彼女であれば、あまり仰々しいのは好まないでしょうから、宝石がついていても派手過ぎずに、シンプルなデザインを選ぶといいかもしれません。それに婚約指輪ですから、なるべく高価なものを選ぶといいでしょう。